埋め込みタイムラインのパラメーターリファレンス

data-*属性をフォールバック用のアンカーエレメントに追加したり、オプションオブジェクト内のJavaScriptのファクトリ関数に渡すことによって、埋め込みタイムラインをカスタマイズします。

パラメータ

オプション デフォルト 備考
show-replies true false 別のツイートまたはアカウントへの返信のツイートを表示します。
chrome noheader, nofooter, noborders, transparent, noscrollbar Undefined ウィジェットのデザインエレメントの表示を切り替えます。このパラメータは、値をスペース区切りでリストしたものです
theme dark light 暗い背景に明るいテキストを表示します
width Positive integer(正の整数) auto、コンテナのサイズから算出 埋め込みツイートの最大幅を設定します
height Positive integer(正の整数) 600 埋め込みウィジェットの固定の高さを設定します
tweet-limit Range(範囲):1-20 Undefined ツイートをn個だけ表示して、タイムラインを静的に描画します。ツイートリミットが設定されている場合、高さのパラメータは無効になります
link-color Hexadecimal color(16進数カラー) #2b7bb9 ハッシュタグと@mentionを含む各ツイート内のリンクの色を調整します
border-color Hexadecimal color(16進数カラー) テーマによって変わります ウィジェット内の境界線の色を調整します
aria-polite polite, assertive, rude polite 指定したaria-polite属性を描画されたタイムラインに適用します。新しいツイートはスクリーンリーダーに作用するタイムラインの最上部に追加されます。
dnt true, false false trueに設定する場合、ライムラインとサイトに埋め込まれたページは 個別の提案 および個別の広告を含む目的に使用されません。

HTMLの例

<a class="twitter-timeline"
href="https://twitter.com/TwitterDev"
data-height="400"
data-chrome="nofooter"
data-link-color="#820bbb"
data-border-color="#a80000">
Tweets by @TwitterDev
</a>

JavaScriptファクトリの例

twttr.widgets.createTimeline(
{
  sourceType: "profile",
  screenName: "twitterdev"
},
document.getElementById("container"),
{
  height:400,
  chrome: "nofooter",
  linkColor: "#820bbb",
  borderColor: "#a80000"
}
);